2014年12月07日

昨日の疲れがモロに出てきて一日気だるかった。

TVの前でラグビーを観戦。早明戦は早稲田1年生の横山と明治1年生の梶村の活躍が目立つ。何気ないサインプレーでゲイン切られる場面が何度もあって明治のディフェンスいまいちだったような印象。

神戸製鋼サントリーの試合はベッカーが大活躍。終盤の谷口のシンビンは心情的に殴りたくもなるわなと思う。

卒論にとりかかるも整理しきれていない箇所を発見。もともと危ういところではあったのでもう少し修正していく。血迷ってアガンベンの『開かれ』なんかを手元に置いてみるも使えるところなし。ただ、ハイデガーについて触れていないことがいまさらながら不安。デリダの動物論を盛り込めるかどうか怪しい。別に触れる必要がない気もするんだけど。