2015年1月15日

昼からバイト。今日はミスが多かった。

帰りに『すばる 2月号』と『文体の科学』を購入。

 

すばる2015年2月号

すばる2015年2月号

 

 

とりあえずインタビューを読んでいた。どちらにリアリティを覚えるかは読者次第なんだろうけど、東、山城両氏ともに”カラタニアン”なので、比較しながら読める面白さはあると思う。NAMの捉え方も違うしね。

 

 最近、柄谷関連の特集が多いような気が。こちらは『トラクリ』以降に焦点を当てて執筆陣を絞ってたみたいだが、購入したことをやや後悔…。佐藤優と組んでなにするんだか…。ジジェクの論稿は、まあパラパラと。そのうち『パララックス・ビュー』読まないとね。インタビューは「移動なくして批評なし」がわりと読み応えあったように思う。他のは、まあ著作読めばわかるでしょ、みたいな。どっちかというと海外からの寄稿者増やして、世界的な思想家ですよという印象をあたえるために組まれただけのものなんじゃないか、という勘ぐりをしてしまう。

内定者課題終わらせる努力をして寝ます。