2015年2月19日

今日も昼からバイト。

艦これ 7話』を観た。戦闘シーンは無心で観ることにしてる。吹雪が喋ってるときに、金剛がカメラにグイグイ入り込んでくるのは、姉御肌っぽさが増してるのでいいのではないか。長門の影にすっぽり隠れてるし、ショタ提督だろうと友人が言っていた。

ユリ熊嵐 7話』は絵本や幼少期の体験を繰り返してた。ここまでベタに過去の関係を匂わせてくると手のひら返されるんじゃないかと不安にもなる。おままごとがぶっ壊れるんじゃないかという不安を抱えたまま話が進んでいく。