2015年4月11日

バッティングセンターでストレス解消。
『重力の虹』を読み始めた。あとは『虹ヵ原 ホログラフ』をブックオフで買ったのでサクッと読んだ。時系列が唐突に入れ替わったりするところが『ストロボライト』に似ていて割と面白かったかも。でも後者の方がもっと上手くまとまってる気もするし、「胡蝶の夢」って今更(連載当時2006年だが)だよなあ、ゼロ年代エロゲかよとも思う。『PSYCHE』なんかも同じテーマでやってた。現実/非現実、正気/狂気みたいな。『虹ヵ原 ホログラフ』はだいたいみんな狂っててそこは好感。変に自己言及し始めると安っぽいスキゾ/パラノに落ち着くから、それならピンチョン読むわという気分にしかならない。蝶々のイメージがだんだん増えていくところもよかった。『おやすみプンプン』は意味のわからないイメージが出てきて、そういうのを「シュルレアリスム」と言いたいならそれでもいいけどサブカルバンドのPVとかジャケにしか見えなかったので俺は新鮮さ感じなかったかな。
以上。明日は早いので寝る。