2015年11月22日

ダメ人間がなんらかの世界を救う話がある。花沢健吾の『ルサンチマン』とか。『ビューティフル・ドリーマー』もそうじゃない?ところで、今日は『みどりの星』を読んだ。惑星間の配送バイトをしているフリーターが蛙だらけの星に不時着陸。他にも人間のような見た目をした住人はいて、星の権力を握っている。その星には太陽が近づいているため水が乏しい。星の水を牛耳っているのは人間みたいなヤツらという設定。で、主人公はセックスのことしか考えてない権力者と女を奪い合う。すったもんだで権力者は真っ二つになって死ぬ。主人公は水も女もせしめて星で子宝に恵まれ末永く幸せに暮らしましたとさ。チャンチャン。

とりあえず、イデオロギーの話がしたい。ダメ人間というのは大抵、世界を救ってしまう。『イリヤの空、UFOの夏』だって、主人公は世間知らずのいもっぽい中学生だ。一方で、スマートで社会的立場のあるイケメンほどテロに走るというのはどういうことなんだ。『コードギアス』、『DEATH NOTE』、『残響のテロル』などなど…。

つまり、前者は資本主義と民主主義の結託を肯定している。作中で肯定されるのはマイノリティを含めた社会的落伍者。対して抑圧されるのは安っぽい独裁者像だろう。これは民主主義の軸。次に資本主義の軸では、ダメ人間が垂れ流すセックスや食べる欲望をこれまた肯定する。対して、後者の作品では権力以外の欲望を捨てている独裁者像を描いてみせる。

めんどくさくなったので今度続き書く。